介護 派遣 給料

介護の派遣で給料が高い職場の探し方

介護高い時給

 

現在、介護士の求人を就職情報誌やネットで探すとたくさんヒットします。
介護福祉士やホームヘルパーの有資格者や介護の研修を受けたことのある経験者であれば、どこに住んでいても引く手あまたかと思われます。

 

特別養護老人ホーム介護士

 

なのに、介護の派遣で給料が高い職場や希望に沿った職場を探すのは途端にハードルが上がります。

 

こんなにたくさんの有料老人ホーム、特別養護老人ホーム、デイケア、デイサービスなどの介護施設があって、その多くの施設が人手不足なのにどうして就職活動が上手くいかないのでしょう?

 

それは介護施設に自分の希望を伝えるチャンスがないからです。

 

特養パート高時給求人

 

介護の派遣で給料が高い職場をお探しの方は、きらケア派遣の登録がオススメです。

 

介護派遣パートの仕事

 

介護施設や事業所の数は年々増えていて、介護スタッフの需要はとても高くなりました。
その結果、多くの施設で有資格者の奪い合いとなり、現場は人手不足となっています。

 

介護福祉士の合格率は20〜25%と高くないので、爆発的に増えず人手不足はなかなか解消されません。

 

専門的な知識を持つ介護福祉士やホームヘルパーはパートや正社員の求人を出しても、1人の応募がないことも多々あります。

 

介護施設が直接ハローワークや求人情報誌に募集を出しても、面接の日に来ない・初日に表れなかった・せっかく就職してもすぐに辞めてしまったりするのでなかなか人が定着しないのです。

 

介護現場はほかの職種よりも離職率が高くて転職する人が多いため、最近では派遣会社に登録する介護施設が増えています。

 

介護事業所高時給デイケア

 

求人はあるし働きたい人もいるのに双方がつながらないのは、就職の条件が施設側からの一方通行だからです。

 

この一方通行をコンサルタントが双方通行にすることで、希望に近い職場に変えるのがきらケア派遣の仕事なのです。

 

例えばですが「子供がまだ小さくて夜勤が出来ないので、デイサービスで時給の高い職場を探したい」と思ったとして、理想的な職場を自力で探すことはできるでしょうか?
自力では難しいと思います。

 

きらケア派遣には多くの非公開求人があるので、できるだけあなたの希望に近い職場をピックアップして、あなたに変わって条件の交渉をしてくれるのです。

 

老人ホーム高時給仕事

 

あなたは希望に近い職場を見つけることができて、介護事業所は長く安定的に勤めてくれる方が見つかるわけですから、これはWIN&WINの関係なのです。

 

介護福祉士パート高時給

 

しかし世の中には派遣会社が沢山あります。
だったらもっと大手の有名派遣会社のほうが条件がいいのでは・・・と思われるかもしれません。

 

介護士高時給派遣

 

きらケア派遣の最大の特徴は、介護業界に特化しているところです。

 

介護業界に特化しているきらケア派遣のコンサルタントは、介護現場に詳しい・介護施設の雰囲気などの内部情報を持っている・離職率などの情報も持っています。

 

もちろん無理に就職させようとしたりしませんし、就職後のアフターケアもしっかり行います。
他社の派遣会社は様々な職種を扱っているので、コンサルタントに専門的な介護の知識までは期待することができません。

 

介護の派遣の仕事を探すなら「きらケア派遣」がオススメです。

 

まずはこちらから、きらケア派遣の詳細をのぞいてみませんか?

 

福祉士非公開求人

 

介護福祉士パート夜勤なし

 

 

老々介護と介護サービス

 

現在の日本は少子高齢化で、高齢者だけの世帯数が増加しています。
世帯主が65歳以上の高齢化世帯は今後約13万世帯増えるのではないかと言われています。

 

その中でも一人暮らしの高齢者の割合が多く、社会問題となりそうです。
なぜなら家族の介護の手がないわけですから、要介護となったら外部の介護サービスに頼るしか方法がないのです。

 

さらに老老介護、つまり高齢者の2人暮らしで一人がもう一人の面倒をみるケースも多いです。
子供が授からなかったケース、核家族化しており子供家族が同居を嫌がったケース、田舎を離れることが出来なかったケースなど理由は様々です。

 

老老介護は体力的にも厳しい現状で、経済的な心配や生活の心配などで精神的にも厳しくなります。

 

他人に迷惑をかけたくなくて介護サービスを受けない方も多いですが、介護保険料を支払っているわけですから当然の権利です。
窓口に困っていること、心配なことを相談して一番いい方法を探すのが介護サービスです。

 

 

介護福祉士の仕事とは

 

介護福祉士仕事

 

介護福祉士はお年寄りや身体の不自由な方の介護をするための専門職で国家資格です。

 

主な仕事
・食事・入浴・排泄・車いすの移動補助などの身体的な介護
・利用者への相談・助言などの精神的な介護
・ヘルパーへの指導や介護計画書の作成など

 

介護福祉士は国家試験に合格した介護サービスの中心となる重要な存在で、どこの介護施設も欲しい人材です。
現場のリーダー的存在となるやりがいのある仕事で、持っていると介護の現場で社会的地位が高くなります。

 

ではどんな場所で仕事をするのでしょうか?
介護福祉士の働く場所はあらゆる福祉現場です。

 

特別養護老人ホーム
老人保健施設
グループホーム
有料老人ホーム
ケアハウス
訪問介護

 

この他にも多くの介護施設で介護福祉士が求められています。
そのため介護福祉士の求人は多く、高待遇の施設も沢山あります。

 

 

介護施設の種類を確認

 

介護施設の種類を知る

 

老人介護施設と言っても種類がいくつかあります。公的なところと民間のところです。
給料も気になりますが、どんな方が入居している施設なのか是非確認してみてくださいね。

 

 

@特別養護老人ホーム<特養(とくよう)>:社会福祉法人や地方公共団体が運営母体の公的な介護施設。要介護3以上で自宅で介護することが困難な人から優先的に入居できます。
公的なために利用料が安いので、入居待機者が多く入るのは困難な状況です。
全国で約36万人が待機中という発表が厚生労働省から出ています。

 

A老人保健施設<老健(ろうけん)>:入院までは必要ないですが自宅での生活が困難な要介護者が介護や機能訓練を受けることができる施設です。
在宅への復帰を目指すものなので長期間の利用はできないことになっています。

 

Bグループホーム:認知症と診断された方が共同生活を行う施設です。
少人数で構成され、能力に応じた家事を分担し自立生活を送ります。
対象者は軽度の認知症であるため、症状が悪化して重症化すると退去になることもあります。

 

C有料老人ホーム:株式会社や医療法人などの民間企業が運営する介護施設です。
食事・入浴・排泄などの介護サービス、季節のレクリエーションなどのサービスもあるので、ずっと自宅にいて介護ができない家族に負担を軽減することができます。

 

特定施設入居者生活介護の指定を行政から受けると、介護付有料老人ホームと呼ばれます。
要介護1から入居が可能なため特養よりも受け入れの幅が広いです。ただし特養よりも費用が高くなります。
介護度が重症化したり、医療度が上がると退去になる場合もあります。

 

Dケアハウス:家庭に近い環境で最低限の生活支援サービスを受けながら自立した生活をおくる施設です。
身寄りがなかったり、経済的な理由などから家族との同居が困難な方が比較的安価で入居することができる施設です。